身体醜形障害なら治療が必要!【自分でセルフチェック】

サイトメニュー

神経症の病気のひとつです

カウンセリング

早めに病院を受診

誰でも顔や体のコンプレックスはありますが、身体醜形障害は顔や体が醜いわけではないのに、顔や体の一部を異常に醜いと感じる神経症のひとつです。外出をする時に帽子やサングラス、マスクなどが手放せなかったり、鏡を一日に何度も見てしまう、容姿のことを長時間考えているなどの症状が見られる場合は、身体醜形障害の可能性があります。自分でセルフチェックをしたり、インターネットを利用してチェックを受けたりして、いくつかの症状が当てはまる場合は、精神神経科の病院やクリニック、心療内科を受診することが大事です。精神神経科の病院やクリニックは、以前とは違って明るく落ち着いた雰囲気になっており、完全個室で診察が受けられるので、プライバシーも厳守してくれます。身体醜形障害の可能性がある場合は、医師に診察を受けたり、カウンセリングを受けたり、問診などでチェックを受けることで、診断されることが多いです。家族や友人にはわかってもらえないと悩んでいる人も、医師に不安や悩みを聞いてもらうことで、気持ちが楽になります。治療を始めた頃はなかなか辛い症状が改善しないと感じることもありますが、SSRIの抗うつ剤や抗精神病薬などは大変有効なので、しばらくは続けることが大事です。この病気は対人恐怖などは見られないことが多いですが、容姿のコンプレックスが原因で、通勤や通学が出来なくなり、家に引きこもってしまう可能性があります。カウンセリングなどの精神療法や、間違った考えを改善できる認知行動療養なども効果が出ることも多いです。身体醜形障害は容姿を気にする年代の思春期や20代の青年期に多くみられる病気です。男女共に誰でも罹る可能性がありますが、他人の言葉に左右されたり、真面目で完璧主義な人が罹りやすい傾向があります。身体醜形障害に罹っていると、美容整形に高い関心を持っている人が多いですが、施術を受けても満足が出来ないことが多いです。美容整形を受けても改善しないことが多いため、なるべく避けたほうが良いでしょう。身体醜形障害は神経症のひとつですが、症状が悪化すると引きこもってしまったり、自傷行為、自殺企画などをしてしまうこともあります。誰にも辛い気持ちがわかってもらえないと悩んでいる場合は、精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診することで、不安や悩みを真剣に聞いてもらえます。病院やクリニックを選ぶ時は地元で評判が高く、自宅から通院がしやすい立地の所がお勧めです。身体醜形障害チェックを病院やクリニックで受けてから、病気が診断されることが多いです。日常生活に支障が出ていたり、強い不安感や悩みなどを持っている場合は、内服薬を服用することで気持ちを安定させる効果があります。セルフチェックで身体醜形障害が疑われる場合は、カウンセリングなどの精神療法を受けることが大事です。認知行動療法は自分の誤った考え方を改善するための治療法なので、定期的に治療を受けることで、改善するケースもあります。30代、40代を過ぎるとお肌や髪の毛が衰えてきたり、体重が増加することが多いため、病気に罹ることもあります。