身体醜形障害なら治療が必要!【自分でセルフチェック】

サイトメニュー

薬やカウンセリングが有効

医者と看護師

顔や体の悩みが原因です

思春期の多感な時期や、容姿を気にする20代ぐらいの人は、友人や知人から顔や体のことをからかわれたり、指摘をされると傷付いてしまい身体醜形障害を発症することがあります。身体醜形障害は神経症のひとつですが、自分の顔や体を異常に醜いと感じて、深刻に悩む病気です。症状が悪化すると、対人関係に支障が出てしまったり、学校や会社などに行けなくなったりすることもあります。自分でセルフチェックをしたり、インターネットなどでチェックを受けたりして、いくつかの項目が該当する場合は早めに精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診して下さい。家族や友人、知人などに辛い気持ちを理解されず悩んでいる人が多いですが、病院やクリニックで不安や悩みを打ち明けることで、精神的に楽になります。病院やクリニックでは、問診やカウンセリング、診察などを行い、病気を診断することが多いです。身体醜形障害に罹っている人は、傍目からは醜いと感じていないのに、深刻に悩むなどの認知の歪みが発生しています。精神神経科の病院やクリニックでは、認知行動療法の治療を行っている所も増えているため、一度治療を受けてみると良いでしょう。カウンセリングなどの精神療法は大変有効なので、カウンセリングに時間を掛けてくれる病院やクリニックがお勧めです。プライバシーは厳守してくれるため、通院をするのに抵抗を感じる必要はありません。身体醜形障害の症状に当てはまる場合は、早期に発見して治療を受けることで、改善することも多いです。精神神経科の病院やクリニックを選ぶ時は、自宅や会社から利便性の高い立地の所がお勧めです。身体醜形障害は自分の顔の一部が気になってしまい、何度も鏡で確認をしてしまったり、一日の中で容姿のことを考えている時間が長くなったり、外出をする時はマスクや帽子、サングラスなどで隠してしまう人も多いです。放置をしておくとリストカットなどの自傷行為を繰り返したり、一時的に暴力をふるってしまうこともあります。身体醜形障害は傍目には醜くはないことが多いため、周囲の友人や家族からは理解されないことが少なくありません。周囲から理解をされていないと、強い孤独なども感じてしまいます。精神神経科の病院やクリニックでは、身体醜形障害の患者も数多く通院をしているため、専門的な知識を持った医師が在籍をしています。SSRIなどの抗うつ剤や抗精神病薬などは大変有効になっており、服用を続けることで気持ちを安定させる効果があります。身体醜形障害は強迫症などの神経症のひとつですが、適切な治療を受けることで改善することが多いです。認知の歪みが生じているため、美容整形の施術を受けても仕上がりに満足が出来ないケースが多いです。安易に美容整形などを受けるのは避けて、まずは精神神経科の病院やクリニックに通うことが大事です。認知行動療法やカウンセリングなどの治療を受けることで、不安や悩みを聞いてもらえますし、認知の歪みを改善する効果があります。比較的若い年代に多い病気ですが、男女共に容姿の衰えが気になってくる30代、40代以降の人も発症することもあります。自分でセルフチェックを受けて、症状が該当する場合は、病院やクリニックでもチェックをしてもらい、病気を診断してもらうことが大事です。医療スタッフは親切で丁寧な応対なので、安心して通院ができます。

顔や体の欠点が気になる

悩む男性

身体醜形障害は自分の容姿を厳しくチェックしすぎて、深刻なコンプレックスを感じるため、社会生活に不適応となることもある病気です。マスメディアによる画一的な価値観の浸透や、美容整形の普及が増加の一因と考えられます。

詳しく見る

神経症の病気のひとつです

カウンセリング

身体醜形障害は顔や体が醜いわけではないのに、顔や体の一部に大きなコンプレックスがあり、深刻に悩んでしまう病気です。自分でセルフチェックを行い、いくつかの症状が当てはまる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診して下さい。

詳しく見る

自分を醜く感じる心の病

男性

顔や身体の一部が醜く見えてしまうせいで、常にストレスを抱えている状態になっていたら、身体醜形障害を発症していないかチェックしてください。専門医のサポートを受けなければ、時間が経過するごとに症状が悪化する事もありえます。

詳しく見る

人気記事

男性

自分を醜く感じる心の病

顔や身体の一部が醜く見えてしまうせいで、常にストレスを抱えている状態になっていたら、身体醜形障害を発症していないかチェックしてください。専門医のサポートを受けなければ、時間が経過するごとに症状が悪化する事もありえます。